相馬建設が手掛ける
長く愛せる平屋の家、
ラクシア

動画を見る

LAXARE

いまもこれからも家族にやさしい、長く愛せる平屋の家、ラクシア。

少子高齢化が進む日本では、住まいに求められる機能が変わりつつあるように思われます。
子どものいない世帯が増え、子どもが巣立った後の老後も20年、30年と長く、
そんな時代において、個室をいくつも用意する従来の2階建住宅は、子どもが巣立った後、
年齢を重ねるにつれ、広さや階段が負担になってくるのではないでしょうか。
また、若い世代ではモノを多く持たず、ミニマムに暮らすことが良いとされ、
家族とのつながり、ふれあいを大事にするライフスタイルを志向する方が増えています。
こうした時代において、求められる機能、そして家族の志向にもマッチする住まい
それが、年齢を重ねても心地よく暮らせ、ずっと長く愛せる平屋の家です。