Plan  -  プラン

Signature-W

二世帯住宅でしか得られない閃ひらめき

二世帯同居で重要なのは、互いの協力と
プライバシーを理解するのが大きな課題といえます。
二世帯住宅の代表となる「一部分離型」の躍進した実際の
プランニングは心躍らせる魅力を秘めています。

二世帯住宅

親世帯へ配慮したプランニング

キッチン、バス・洗面は家事動線を考慮した配置、来客の宿泊にも対応した仏間のある二間続きの和室には中庭を愉しめる広縁があり唯一親世帯と小世帯を結ぶ通路になっています。
1Fの主寝室と玄関に挟まれるトイレは訪問者が使いやすい配置にし、リビングの吹抜けは子世帯から親世帯の様子が見守れるように設計しています。

親世帯へ配慮したプランニング

唯一無二の「スペシャリティ」

独立した玄関は、両世帯ともに中庭から柔らかな光が差し込み来訪者を気持ちよく迎えます。
また、お互いのリビングにつながる広縁は家事や子育ての協力に一躍されることでしょう。
そして、将来的に世代交代として、子世帯が親世帯へ、3世代目の孫が親世帯へ居住することも考慮した造りとなっています。
子世帯へ配慮したプランニング親世帯と同様に家事動線はまとめた配置に、1FのLDKは合わせて計24帖の広いスペースを確保、2Fの主寝室には約5帖のウォークインクローゼットと約4帖の書斎を設けています。
二つの子供部屋にはロフトがあり、将来一つの12帖の部屋へ変更が可能。また大容量の小屋裏は季節物の収納に役立ちます。

唯一無二の「スペシャリティ」

子世帯へ配慮したプランニング

親世帯と同様に家事動線はまとめた配置に、1FのLDKは合わせて計24帖の広いスペースを確保、2Fの主寝室には約5帖のウォークインクローゼットと約4帖の書斎を設けています。
二つの子供部屋にはロフトがあり、将来一つの12帖の部屋へ変更が可能。また大容量の小屋裏は季節物の収納に役立ちます。

子世帯へ配慮したプランニング

Signature-RC

機能美が創るRC二世帯住宅

複数の異なる素材を組合わせた木造とは大きく異なり、
鉄筋とコンクリートの一体形成のRC住宅は強度と美しさを兼ね備え、
また遮音性と密閉性は優れており、シンプルでありながらもプライバシーを大切にした住宅です。
性能寿命の高いRC住宅は二世帯・三世代、さらに次ぎの世帯・世代へ継承します。

機能美が創るRC二世帯住宅

スタンダードタイプの二世帯住宅

玄関は大人数のお客様にも対応したスペース。物置と納戸は合わせて10帖以上を確保し、家族の季節物など充分以上に収納でき物置は屋外からもアクセスが可能。1Fの水廻りは将来に備えバス、洗面、トイレに介護仕様を採用しています。親世帯の主寝室と仏間のある二間続きの和室はゲストルームとしても使用できます。

スタンダードタイプの二世帯住宅

スタンダードタイプの二世帯住宅

家族ひとり一人に配慮した動線

約18帖のLDKへのアクセスは玄関や2F からも無理のない動線。キッチンには対面カウンターを設け、その横にはアップライトピアノのスペースも。密閉性と防音性の高いRC住宅ならではの装備は心おきなく演奏を愉しめます。また、2Fのバルコニーは他の部屋を通る事なくアクセスできます。

家族ひとり一人に配慮した動線

家族ひとり一人に配慮した動線

目的を持った二面性のある同居

2Fの各部屋は4つの壁のうち2面は外、残り2面は廊下やクローゼットに囲まれ個人の空間を確保しています。完全同居の場合、水廻りやLDKの共有部はコミュニケーションエリアとし、一人のときはパーソナルエリアを満喫。家族の時間と一人の時間を完全に分けた2面性はバランスよく家族の絆が保てます。

目的を持った二面性のある同居

ページトップへ